洗面台の水垢をスッキリ除去!クレンザーを使った水垢の落とし方

洗面台の水垢落とし

こんにちは!静岡県清水町のビルメンテナンス会社 静城産業です。

洗面台にこびりついた白っぽいウロコ状の汚れ、これは水垢です。
毎日使う洗面台やトイレは、掃除をしていても水垢が付いてしまいます。

ここでは、洗面台の水垢の除去方法がわからない・水垢が落ちないという方へ、クレンザーを使った水垢の落とし方を紹介します。

ご注意ください

今回紹介する水垢の落とし方は、研磨成分を含むクレンザーを使った除去方法です。
陶器ではなくFRP素材の洗面台は、素材にキズをつけてしまうのでご注意ください。

洗面台に水垢ができる原因と仕組み

洗面台

水垢の原因は洗面台に付く水道水です。
水道水にはカルシウム等のミネラル分が含まれています。
洗面台に付いた水道水は時間経過で蒸発しますが、ミネラル分だけはそこに残ります。

「洗面台が濡れる(水が付く)」→「蒸発する(ミネラル分が残る)」 を繰り返し、白いかたまりができます。これが水垢として残ります。

水垢はアルカリ性の汚れです。
汚れ落としの考え方では、アルカリ性の汚れは反対の酸性の洗剤で中和分解して落とすのが基本です。

今回使用するクレンザーはアルカリ性の洗剤ですが、クレンザーの「研磨成分」の力で水垢を擦り落としていきます。
頑固な水垢汚れはクレンザーでは落ちない場合があります。
その際はクエン酸などの使用をおすすめします。

クレンザーとは?

商品名と思う方もいるかもしれませんね。
クレンザーとは、汚れを浮き上がらせる「界面活性剤」と、汚れを削り取る「研磨剤成分」を含んだ洗剤の内、漂白剤成分を含んでいないもの をクレンザーと呼んでいます。

クレンザーには、粉末タイプとクリームタイプの2種類があります。

粉末タイプは、研磨剤の割合が8~9割と非常に高く、頑固な汚れが落とせます。
一方、素材を傷つけてしまう可能性があります。

クリームタイプは、研磨剤の割合が2~5割、きめ細かく優しい磨き上げが特徴です。
ご家庭ではクリームタイプのクリンザーを使うことが多いですね。

クレンザーを使った洗面台の水垢の落とし方

家庭でも入手しやすいクリームクレンザーを使った水垢の落とし方を解説します。

使用するクレンザーは普通のキッチン用またはお風呂用のもので充分です。

水垢の落と方の手順
  1. 洗面台をクリームクレンザーで擦り洗いする
  2. ①で落ちない場合、軽石クリーニングストーンや、耐水ペーパーで擦り落とす
  3. 水で洗い流す
  4. 乾いた布で残った水分を拭き取る

クリームクレンザーを使いスポンジやパッドでこすり洗いをします。
①の方法で水垢が落ちない場合は、「軽石クリーニングストーン」や「耐水ペーパー」で擦ります。
擦り洗い後、洗面台に付着した洗剤は水で洗い流し、乾いた布で残った水分を拭き取ります。

軽石クリーニングストーンや耐水ペーパーは、汚れ部分を削り取ります。
表面の水垢を剥がすように軽く擦るのがコツです。
強く擦ると素材にキズがついてしまうので注意してください。

洗面台の水垢掃除の頻度はどれくらい?

1ヶ月に1回程度を目安にしましょう。
洗面台は毎日使う場所なので、汚れやすい場所でもあります。

水垢が蓄積してくと除去しづらくなるので、汚れが目立つ前にサッと拭き取るだけでも水垢の予防になります。

水垢落としにおすすめの掃除道具

  • 耐水ペーパー(水ペーパー)
  • 目の粗いスポンジ

耐水ペーパーとは、サンドペーパーの耐水性のあるものです。
サンドペーパーは番号で粗さが決まっています。
番号が大きくなるにつれて目が細かくなり、洗面台の水垢除去では、#600や#1000が使いやすいでしょう。
ホームセンターでも購入でき、効果も高くおすすめです。

耐水ペーパーを使う時は、目立たない箇所で試し、傷がつかないか確認して進めるようにしましょう。

家庭で代用できるものとして「目の粗いスポンジ」も水垢落としに使えますよ!

最後に、今回のまとめ

クレンザーを使った洗面台の水垢の落とし方を紹介しました。

  • クレンザーはクリームタイプを使用
  • 家庭にあるキッチン用またはお風呂用のもので充分
  • 頑固な汚れは耐水ペーパーで
  • 洗面台の掃除の最後に余分な水分は拭き取る
  • 汚れが目立つ前に拭き掃除をして水垢を予防

水垢は気になるとすごく目立つ汚れです。
毎日使う洗面台ですから、綺麗な状態で使えるように定期的にチェックしましょう。

それでは、今回はこのへんで。

こちらの記事もオススメです
洗面台の鏡についた汚れた水を落とす方法
うがい手洗い・洗顔などの身だしなみ、時には生活用品をザッと洗うなど、洗面台は毎日使う場所です。そのため、洗面台の鏡は汚れた水が付きやすく汚れやすい環境です。 毎…
bmseijyo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA