もう拭き跡を残さない!窓ガラス掃除で窓の内側をきれいに拭く方法

窓の内側掃除のコツ

こんにちは!静岡県清水町のビルメンテナンス会社 静城産業です。

窓ガラスの拭き掃除。
掃除直後は綺麗に感じても、窓ガラスに拭き跡が残って仕上がりが汚い。
という経験は、誰でもあるでしょう。

今回は、雑巾(ウエス)だけで行う窓ガラスの内側のきれいな拭き方を解説します。
窓の外側は汚れの質が内側と異なるため、ガラス専用の掃除用具の使用をおすすめしますが、内側は雑巾だけでも十分綺麗になります。

是非、参考にしてくださいね。

窓ガラスの内側汚れの原因

窓ガラスの内側を汚す主な原因は、埃・手垢・タバコのヤニ・油汚れです。

ホコリ自体は乾燥しているので取り除くこと難しくありません。
しかし、結露の水分や窓を触った時の手垢、台所の油よごれと結合することで取除きにくくなります。また、これらが接着剤のような役割となり、ホコリをさらに吸着させる悪循環となります。
喫煙される方がいる場合、窓ガラスにヤニ汚れが付着します。
タバコのヤニは窓ガラスを黄ばませることもあり、頑固な汚れとなるので注意が必要です。

窓ガラスの内側を綺麗にする掃除方法

窓の内側掃除に特別な道具や洗剤は必要ありません。
水拭き用と乾拭き用の雑巾(ウエス)を2枚用意してください。極端な汚れでなければ、拭き掃除で綺麗になります。

窓の外側掃除をする時は

窓の外側は、汚れもひどく拭き掃除だけでは綺麗になりません。
ガラス専用の掃除用具を使い掃除しましょう。

窓ガラスの内側掃除の流れ

  1. 水に濡らし固くしぼった雑巾(ウエス)で拭く
  2. 乾いたウエスで仕上げの乾拭き

水拭きは、上から順番に「コの字」の形で拭くのがポイント。
左端から右端へ、一段下がって右から左へといった具合に繰り返していきます。
水拭きだけで掃除を終えると、雑巾の水滴が窓ガラスに跡として残ります。必ず乾拭きもしましょう。

乾拭きをする時は、横方向に拭くと拭き跡が目立ちにくくなります。
水拭き時の水滴が完全に乾く前に、手早く拭き取りましょう。

拭き跡を残さないコツは、水滴が完全に乾く前に乾拭きを手早くすることです。

掃除の頻度と時期

1ヶ月に1回程度を目安に汚れが目立つ時に掃除すると良いでしょう。

おすすめの時間帯は、朝もしくは暗くなる前の夕方です。
日中の日差しが強い時間帯は、水拭きがすぐに乾燥してしまうので避けた方が良いでしょう。
雨上がりや曇りの日は、湿度が高くホコリが浮き上がりやすいため掃除しやすい天候ですよ。

窓ガラスの内側掃除にオススメの道具は?

窓の拭き掃除は、タオルや雑巾でも問題なくできます。
より効率的な窓掃除におすすめなのが「マイクロファイバークロス」です。

マイクロファイバークロスは、タオルや雑巾よりも目が細かく拭きムラができにくく、綺麗に仕上がります。ドラッグストアや100円均一で購入できますので、是非試してください。

最後に今回のまとめ

拭き跡を残さない窓の内側掃除のコツを紹介しました。

  • 雑巾(ウエス)を2枚用意
  • 水拭きは上から「コの字」の形で拭く
  • 乾拭きは横方向に拭く
  • 掃除頻度は1ヶ月が目安
  • 朝・夕方など日差しが強くない時間帯がおすすめ

乾拭きは面倒に感じるかもしれませんが、拭き跡を残さないためにも必要な工程です。
是非、試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA