ビルメンテンス業界の高齢化社会

ビルメンテナンスといえば聞こえはいいが、又の名を掃除屋さんともいう。

掃除屋さんといえば、必然的に、おじさん、おばさんのイメージが強い。
最近はさらに進化して、おじいさん、おばあさんに成長している。

求人広告に応募いただく方で、最近多いのは、定年で会社を退職なさった男性の方。
一日何もしないではもったいないから、半日くらい働きたい。掃除くらいなら簡単にできるだろう。

要は、ちょいとこづかい稼ぎができればいいや。掃除なんか簡単だろう。って感じ。
生活を賭けて真剣に取り組んでいる人から見たら、まさに失礼極まりない。

そういう人は1週間もたずに辞めていく。

酷い人は、仕事をけなして、まじめに務めている人を侮辱しながら、こんな仕事やっているお前らはダメなやつらだ。オレはお前らとは違うから、やってらんねー。なんて人までいる。

私は50歳を越えたところだが、私の中学生、高校生のころはよく大人たちからこういわれた。

「まったく、、、最近の若いもんはなっとらん」

でも、今、どうなんだろう?

若いもんがよくなったかどうかは置いといて、最近の高齢者もなっとらん、って人が増えてきた気がする。

職業柄、多くの高齢の方と接するが、人生経験がその人柄からにじみ出て、実に尊敬できる方がいる。
私の会社でパート仕事をこなしてくださるメンバーの中にも多数いらっしゃる。

ありがたい。

で、その反対に、とてつもない自己中心でわがままで、他人のことなどおかまいなしで、人生経験がずるさと姑息さに固まっている人もいる。
じじいがその域に入ると、若いもんの比ではないくらい悪い影響がでる。

これからさらに加速する高齢化社会。
折り合いをどうつけていくか。

まさに私の業界だけではなく、社会全体の課題であろう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA